体験談01 中編

どんな恋愛にも苦労がある

サイト内メールからお会いするまでのスパンが短いと、
かえって恋愛感情が生まれにくいかなと思うようになりました。
そこで、サイト内メールでお話しする時間を伸ばしてみることにしました。
お互いの気持ちが高まるまでは、
すぐにアドレスも電話番号も交換しないと決めたのです。

 

この作戦が功を奏して、初めて彼女が出来ました。
サイト内メールは1ヶ月近く続けていましたね。
その間人気の婚活パーティーに参加しようと思いましたが、専念するためやめました。
結構長かったように思います。
お互いがしびれを切らして、アドレス&電話番号交換となったのです。

 

会った時は、お互いの気持ちが高ぶっていました。
彼女とはなぜかすぐに付き合ってみたいという気持ちになりました。
2回目のデートでは恋人らしく手を繋いでデートをし、
3回目のデートでは男女の仲になりました。

 

ところが、私自身の恋愛経験の少なさと
彼女自身の恋愛経験の少なさが手伝って、1ヶ月ほどで危機が訪れました。
彼女の言い分は「優しいのはいいけど優柔不断すぎる」ということでした。
私の言い分は「俺に依存し過ぎだ」ということでした。

 

彼女が怒りを爆発したのは、一緒にいる時の行動でした。

 

デート中に私の友達から連絡があり、
その相談に時間を費やしてしまったことがあったのです。

 

私は器用な人間ではありませんので、
その場で解決しないと次に進めない性質です。

 

ほんの10分〜15分くらいの会話だったと記憶していますが、
まるで彼女の事を忘れてしまったかのような対応ぶりだったというのです。
私としてはそれが今までの対応の仕方だったので、
違和感を感じたことはなかったのです。

 

でも、彼女の表情が曇ったことに早く気付くべきでした。
同じことが何回か続いたら怒り爆発するのは当然のことですね。

 

一方、私は彼女の依存気味が気になっていました。

 

何をするにも必ず私に同意を求めて来ていたのです。
それが私には関係のない自分自身の問題であっても。

 

2人の事であれば聞いて来てもらってもいいのですが、仕事の決断や家族との話を、
私の意見で左右するというのはいかがなものかなと思っていました。

 

私達はお互いの嫌だと思ったところをぶつけ合って、
付き合って1ヶ月で大喧嘩をしてしまいました。

 

こういう事はどのようなカップルにでもある事でしょう。
恋愛経験があれば、どうにかして乗り越えられる壁だったのかもしれません。
でも、私達にはこれが大きな亀裂となってしまいました。

 

反面教師にして次のステップへ

体験談05 (中編) | 婚活の語り屋さん関連ページ

体験談01 (前編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は32歳でバツ2女性の体験談(前編)です
体験談01 (後編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は32歳でバツ2女性の体験談(後編)です
体験談02 (前編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は国籍の違う彼とゴールインした女性のお話を記載しております。
体験談02 (中編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は国籍の違う彼とゴールインした女性のお話を記載しております。
体験談02 (後編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は国籍の違う彼とゴールインした女性のお話を記載しております。
体験談03 (前編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は30歳を過ぎて婚活を始めた女性の体験談です。
体験談03 (後編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は30歳を過ぎて婚活を始めた女性の体験談の後編です。
体験談04 (前編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は結婚相談所で婚活をした女性の体験談の前編です。
体験談04 (中編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は結婚相談所で婚活をした女性の体験談の後編です。
体験談05 (前編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は恋活を始めた男性の体験談の前編です。
体験談05(後編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は恋活を始めた男性の体験談の後編です。
体験談06 (前編)
このページでは婚活体験談を掲載しております。是非、参考にしてくださいね。今回は恋活を始めた男性の体験談の後編です。